fungi

small table

2019.04

A small and easy-to-use table inspired by the shapes of fungi on dry vegetation

Our approach to the fungi table design is based on the idea that the table legs create the tabletop.  This is contrary to the normal design process, where the legs only exist to support the tabletop.  Starting from there, we moved on to mushrooms being nourished by dry vegetation as the source of our inspiration and to design a table where the tabletop grows from its wooden legs.

The tabletop design is intentionally kept small for its legs in order to be able to place several of the same tables together in a group of mushrooms.  Magnets embedded at the end of each leg make it easier to connect the tables with each other, where as the crisscross legs are of different heights as well as non-geometric to allow the user to create many different arrangements.  The low table replicates mushrooms growing vigorously in an unexpected spot.

木製の脚部からキノコのような天板が生えたテーブル

テーブルの天板を支えるために脚が存在するのではなく、脚が存在することで天板が存在するといった通常とは逆の考え方で、テーブルデザインの可能性を探った。そこから枯れ木などを元にして生えるキノコのような、木脚からスチールの天板が生えたようなテーブルをデザインすることになった。

テーブルの天板はあえて小ぶりなサイズにしてキノコのように集合させて使用する形としている。また、脚の端部に磁石を埋め込んでいるため端部同士を接続することができ、組み合わせのバリエーションを増やすため脚は少しバランスを崩した十字形で組んでいる。意外な場所からもたくましく生えるキノコのようなローテーブルを目指した。